スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニの心臓


 ノミ以下。

 就活における最初の関門である電話。僕にとっては、ある意味最大最強の難関である。
 人見知り+口下手+臆病者+小心者な、腑抜けの根性無しには、一個人として見知らぬ誰かと口を聞く行為が恐ろしくて堪りません……。何を言って良いのか、どう喋ったら良いのか、相手は不快になってないだろうか……。恐ろしさと焦りで、頭の中が真っ白になってしまうのです。
 そんなヘタレですから、求人広告を出している会社への電話を掛けるのに、物凄い気力、勇気が要ります。零から勇気と気力を作り出し、それを増幅させて、覚悟を固める作業に、大体半日掛かる。最早、チキンとかいうレベルじゃない。
 そんな僕ですが、今日、とある企業へ電話を掛けたんです。必死に勇気を起こして、気力を掻き集めて奮い立たせ、時間を掛けて覚悟を固め、いざ……。
 そう思ってボタンをプッシュするものの、最後の一押しが、押せない。
 怖い。
 でも、これを超えなきゃ、何時まで経ってもこのまま。恐れ、焦って、時間を浪費していく……。頑張れ、自分。
 時計の針を凝視して、「この時間になったら電話を掛けるんだ!」と覚悟を決める行為を、多分60回ほどして、漸く、僕はボタンを押せました。
 コール音。
「もしもし……」
 やっと、出来た。俺はやったぞ……!


「すいません、もう定員いっぱいで締め切りなんですよ」


 …………轟沈。

| 最速で退屈になれる世界ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。